OLトレーダーエリカのプロフィール

初めまして!

OLトレーダーのエリカと申します。

この度は、当ブログをご訪問頂きありがとうございます!

普段はIT企業のシステムエンジニアとして働くかたわら、FXのEA(自動売買)で副収入を得て2つの収入源を持つことができています。

2019年にFXに出会い、しばらくしてからEA(自動売買)をはじめ、紆余曲折を経て現在は、一般のOLの給料では考えられないほどの収入を得ることができました。

そして、私の生活も実家暮らしから、芸能人も住んでいるタワーマンションに引っ越しすることもできて人生が大きく変わりました。

しかも、昔からなぜか26歳で結婚したいと決めていたら、その夢を叶えることもできました笑笑

ここでは、なぜ普通のOLの私がFXと出会い、FXのEAで収益を得られるようになったのか、今までの軌跡や簡単な経歴をご紹介します!

目次

ウチは貧乏だから

私は東京生まれ埼玉育ちのブラジルと日本のハーフです。

パパが日本人で、ママがブラジル人です。

今となっては「ハーフタレント」と呼ばれる人たちがメディアに出るようになったので

ハーフ=美人

と、もてはやされるようになりましたが、私が子供の頃は全然違いました。

純血の日本人ではないということで、いじめられたこともありましたし、ママが日本語がペラペラではなかったのでいろいろ苦労もしました。

パパが会社経営をしてましたが事業に失敗して倒産。

ママも外国人だから働ける職場がなかなか見つからず決して経済的に豊かとは言えない環境で私は育ちました。

「ウチは貧乏だから」

これが両親の口癖でした。

そんな生活環境だったからか、私が小学生の頃からパパが

「いい大学を出て一流企業に就職すればいい生活ができるんだぞ!」

と、いつも私に言い聞かせていました。

「頭が良くなれば貧乏から抜け出せる」

子供ながらにそんなことを思い、小中高と勉強に励み、私は受験戦争を勝ち抜き国立大学へと進学することができました。

私にはこの道しか残されていなかった。

私は国立大学に進学したので、もちろん出身校のことを聞かれると自分が某国立大学出身ということを話します。

そうすると、

「頭が良いんだね!」
「すごいね!」

と言われますが、私には国立大学に進学するしか道が無かったのです。

なぜなら

「家が貧乏だったから」

ただそれだけ。

学費が安くて実家から通える国立大学に進学するしか、私が貧乏から脱出する方法は無かったのです。

「いい大学を出て一流企業に就職すればいい生活ができるんだぞ!」

パパのこの教育を信じて、私は大学の門を叩きました。

が、しかし!

ここでも試練が訪れます。

家庭の経済状況が苦しかったため、両親からは

「学費と生活費は自分で稼ぎなさい」

と、言われてしまいました。

念願の国立大学に進学できたけど、ここから4年間の長い学生生活を自分で支えないといけなくなってしまったのです。

貧乏暇なしの学生生活で経験した仕事

学費と生活費を稼ぎつつ、一流企業に就職するために学業にも励みました。

ただでさえ学業とバイトで多忙なのに、友達に誘われて部活のマネージャーもやっていました(笑)

今振り返ると、社会人の今よりも超多忙な毎日を送っていたなと思います。

そんな超多忙な私が実際に経験したバイトはこんな感じでした。

・チャットレディ(稼げる額はスズメの涙ほど)
・治験(条件に合う案件が少なかった)
・商品モニター(数をこなさないと稼げない)
・アンケート回答(数をこなさないと稼げない)
・覆面調査(数をこなさないと稼げない)
・スナック、キャバクラ(睡眠時間を削るので勉強に支障が出る)
・アパレルの販売員(社員と同じぐらい働くため忙しすぎる)

本当にいろいろなバイトを経験しました。

その結果、私が選んだのは時給の高いアパレルの販売員とキャバクラのダブルワークでした。

睡眠時間を削って生活をするので、とっても大変な毎日を送っていたのですが、学費と生活費を稼ぎつつ、一流企業に就職するためには、この選択肢しかありませんでした。

念願の一流企業に就職したけど・・・

激動の大学生活を過ごし、私は無事に卒業し、念願の一流企業に就職することができました。

「これでやっと貧乏から抜け出せる!」

今までの努力が報われたと思って入社式を迎えたのを今でも覚えています。

私は理系の大学に進学したのもあって、IT企業に入社し、システムエンジニアとして働き始めました。

華のOL生活に胸を弾ませたのも束の間、ご多分にもれず、システムエンジニアならではのハードワークの日々が待っていたのでした。

システムを発注してくれるお客様の納期に間に合わせないといけない仕事なので、サービス残業なんて当たり前。

たしかにお給料は同世代と比べたら良い方でしたが、自分の理想とはかけ離れた生活でした。

「いい大学を出て一流企業に就職すればいい生活ができるんだぞ!」

パパが私に言い続けてくれた言葉は、終身雇用が無くなった現代ではすでに幻なんだなって気づき始めた社会人1年目はあっという間に過ぎ去っていきました。

この頃の私は、まだ実家暮らしだったので、早く実家を出たかったし、知り合いに都内のタワーマンションに住んでいる人がいたので、いつか自分もそんな場所に住んでみたいなって思い始めました。

朝から晩まで都心のオフィス街でクタクタになるまで働き、帰りの電車の窓から見えるタワーマンションに未来の自分を重ねながら帰路につく日々を送り、私は社会人4年目の春を迎えたのでした。

FXと出会う!

2019年、私はFXと出会います。

そのきっかけは、当時は彼氏だった旦那さんがFXをやっていたのです。

「今のお給料だけじゃ私の夢は叶えられない」

そう思っていた矢先の出会いでした。

当然、私に投資の経験は無いので、投資に対する多少の不安はありました。

だけど・・・

「都内のタワーマンションに住みたい!」
「好きなものを買ったり美味しいものを食べたい!」
「両親に豊かな暮らしをさせたい!」


そんな夢があったのでFXにチャレンジすることを決めました。

通勤の移動中の時間、帰宅後の数時間、土日のお休みの時間を使ってトレードするための基礎知識を学びました。

会社の仕事がハードワークなので、限られた時間の中で学ぶしかなかったのですが、そんなハードスケジュールも学生時代に培われた気合と根性で乗り切りました笑笑

そして、実際に自分の裁量でトレードをするという段階までたどり着いたのです。

しかし、ここでまた新たな悩みが出てきました。

それは・・・

幸運の女神は前髪だけ

「実際のエントリーポイントに来たタイミングでエントリーできない!」

これは勉強期間中に気づけなかった悩みでした。

FXを多少かじったことがある人なら分かる思うのですが、

「ここで買う!」
「ここで売る!」

というエントリーポイントがあるので、そのタイミングでトレードしないと利益を得ることはできません。

このエントリーチャンスをつかむのが、私の仕事では難しかったのです。

仕事中にパソコンでチャート画面を開くなんて無理だし、スマホでもやってみようと思ったのですが、画面が小さくてやりづらい。。。

FXは土日は相場が動いてないのでエントリーはできません。

平日にしかチャンスは無いのです。

私がエントリーするとしたら、帰宅後の数時間でやるしかありませんでした。

しかし、その数時間の間に、自分が狙っているエントリーポイントに来なければその日は何もすることができません。

あまりにも自分の狙っているエントリーポイントに来ない日々が続くので無理してトレードすると、負けが続きました。。。

英語のことわざで

「seize the fortune by the forelock. (幸運の女神には、前髪しかない。)」

という、ことわざがあります。

原文は、レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉らしいです。

チャンスの女神には前髪しかないので、向かってくるときにつかまなければならない。

通り過ぎてから慌てて捕まえようとしても、後ろ髪がないのでつかむことが出来ない。

まさに、FXの裁量トレードはその通りなのです。

チャンスを掴めない日々が続き、しかも資金は減る一方。

会社の仕事とFXで心身ともに疲れ果てている私に、人生を大きく変えるメンター(師匠)との出会いが待っていたのです。

メンターとFXの自動売買ソフトとの出会い

会社に勤めながら、自分の裁量でトレードすることに限界を感じ始めていたある日。

彼から

「ちょっと紹介したい人がいるんだけど、一緒に話を聞いてみない?」

と言われたのです。

その人が今の私のメンター(師匠)になる人で、私にFXのEA(自動売買ソフト)を教えてくれた人でした。

自動売買ソフトがあることはなんとなく知っていたのですが、実際に詳しく聞いたことはありませんでした。

3人でカフェでお茶しながらFXのEAとは、どういうものなのかのお話を聞きました。

「論より証拠です。僕の取引履歴を見てください。」

そういって、メンターが私にどれだけ利益を出しているかの取引履歴を見せてくれたのです。

それを見て、私はビックリしました!!!

「月利で10〜20%を超えてる・・・」

しかも自分の裁量ではなく、自分が働いている時も寝ている時も勝手に取引してくれてるのです。

「これなら私のライフスタイルでもできる!」

そう確信して、私もFXのEAで運用を始めてみることにしたのでした。

OLだからこそFXのEAで稼ぐべき

その後、私も順調に安定的に利益を積み重ねることができました。

そしてそれは今も続いています。

お給料だけじゃ買えなかった服やアクセサリーも買えるようになったし、美容にもたくさんお金をかけれるようになりました。

両親にもプレゼントを贈ってあげたり、少しずつ親孝行をできるようになりました。

そして何よりも嬉しいのは、念願の都内の一等地の人気のタワーマンションに引っ越すことができたのです!

東京タワーと富士山を一望できるステキなお家です。

FXのEAで運用をしていなければ、こんな夢のような生活を手に入れることはできませんでした。

このブログでアナタに伝えたいこと

私は今でもOLとして働いてます。

コロナの影響で在宅ワークになったので、自分の裁量でトレードできますが、もちろん私はFXのEAで運用を続けています。

だって、自分が遊びに出かけている時も、寝ている時も私の代わりにずっと運用し続けてくれてるのだから、こんなに便利なツールはありません。

私がこのブログを立ち上げたのは、自分だけが稼ぐのではなくて、私みたいに夢を叶える女性を増やしたくて、私みたいにもっと経済的に自立できる女性を増やしたくて立ち上げました。

私のメンターが私に自分の取引履歴を見せてくれたように、このブログでは実際の私の取引を包み隠さずお見せしていこうと思います。

そしてあの日、私がちょっとの勇気を振り絞ってFXのEAで運用を始めたように、アナタも私と一緒にFXのEAで稼いでみませんか?

アナタも私と一緒にFXで稼いでみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

超情報化社会といわれる現代は、インターネットやSNSでは様々なEAの情報はもちろんのこと、その他の投資の情報が溢れかえっています。

その中にはいわゆる「詐欺案件」と言われる情報もたくさんあります。むしろ、そういった「詐欺案件」の方が多いと言っても過言ではないでしょう。

私は詐欺案件に引っかかったことは無いのですが、旦那さんは過去に詐欺案件に経験してきてます。いい意味で、身近にそういった経験者がいるのはとてもありがたいことです。

旦那さんは私よりも投資経験が長いので、いろんな情報網を持ってます。その情報網とは何なのかをアナタにお伝えします。

それは人です。

どんなに便利な時代になったとしても、結局は人なんですよね。情報は人が生み出しますし、人が情報を発信し、情報を繋ぐのです。

だからこそ、自分が興味を持った情報は

「誰が発信しているのか?」
「誰に教えてもらったのか?」
「誰の情報なのか?」

をきちんと自分の目で見極める必要があります。

とはいっても、自分自身が投資に関して素人だったら、見極めるのは難しいですよね。

だからこそ、このブログを通じて、私がどんな人間なのかを知っていただきたいです。

アナタに私を知ってもらうために、FXの取引履歴だけではなく、私の人生全てをコンテンツにして発信するので楽しみに読んでみてください。

もしアナタが私と一緒にFXで稼いでみたいと思ったら、ぜひ一緒に資産運用していきましょう!

最後まで読んでくれたアナタに”期間限定企画”を無料でプレゼント

実は今、期間限定でクローズドな企画を開催しています。

この企画は私がお給料から捻出して始めたように、少額の資金からFXのトレードを始めることができます。

私が使用している自動売買ツール(EA)は月利10〜20%と安定的に収益を生み出すことが可能です。

2020年に世界中を混乱の渦へを巻き込んだコロナ相場でも月間トータルで負けることなく、勝ち続けることできた収益安定型の自動売買ツールになります。

↓↓↓エリカが使っている自動売買ツール(EA)の無料体験企画はコチラ↓↓↓ 


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる